車の買い取り専門店の査定額がディーラーよりも高値になる理由

Beratung im Autohaus // sale of cars

車の買取専門店は、ここ数年テレビコマーシャルやラジオコマーシャルで頻繁に認知するようになり、知名度がどんどん上がっているようです。

お店によっては独自のかわいいキャラクターの影響もあって、多くの人に身近な存在となっています。

実際のところ、新車を購入する時に今まで乗っていた車をディーラーに下取りの出すのと、中古車買い取り専門店に売却するのでは、どちらがお得なのでしょうか。

ほとんどのケースで中古車買い取り店に売却をした方がお得になることが多いようです。

理由は簡単です。

新車ディーラーの本業は車の下取りではなく、あくまでも新車の販売と購入後のお客様へのアフターサービスです。

ほとんどの新車ディーラーには整備工場が併設されていますが、整備工場で扱う車種も基本的に自社で販売している車のみで、下取り車として持ち込まれる他のメーカーの車には対応していません。

ですから、新車ディーラーにとって車の下取りは新車販売の過程で発生する、ある意味サービス的な業務ということになるでしょう。

それに対して中古車買い取り専門店の業務は、ズバリ車の買い取りをすることです。

買い取り業務でお客様から高い評判を得なければ、営業を継続することは不可能となってしまいます。

そのため、少しでも高値で車を査定し、誠実な対応のもとに買い取りをすることによって、お客様から良い評判を得る必要があるのです。

もちろん理由もなく高値で買取りをしたのでは、会社としての利益が出なくなってしまいます。

そのため、業者同士の横のつながりやネットワークを巧みに利用し、ある程度高く買い取っても利益が出る仕組みを構築しているのです。

また、年式が古かったり過走行の車で、ディーラーでは廃車にするしかないといわれたような車であっても、買取り専門店であれば、開発途上国などへの輸出ルートの確保などによって、それなりの金額で買取りが可能になってしまうわけです。

Posted by: korokoro on