車の買い取りは大手に依頼したほうが無難です

Many cars in parking lot or garage.

私の友人にとても車の売買に詳しい人がいるのですが、その人がいつも私に言うことは「車の買い取りで失敗したくないならば大手業者に依頼するのが一番」ということです。

車が買取される場合の査定金額には相場というものがあって、各車種ごとにその相場はある程度固定されています。

なぜ、このような相場が存在するのかというと、それは業界で影響力の強いとされる業者が査定額を決めてしまっているからです。

これは別に他の中小の業者に圧力をかけて相場を決めているというわけではなく、影響力の強い業者なので自然と大手業者の買い取り価格に、他の業者が合わせてしまっているというのが現実のようです。

影響力の強い大手業者よりも、極端に高い低い買取価格を掲示してくる中小の買取り業者は、生き残っていくことができないような仕組みになっているらしいのです。

中古車の買い取りにはこのような秘密があるので、実際に自分の車を買い取りをしてもらう際にも、この大前提に従って行動するとよい結果をもたらすようです。

先日、私も実際に愛車を売却したのですが、もちろん友人のアドバイス通りに大手買取り業者に査定をお願いしました。

大手業者にはこれまで長い時間をかけてつちかってきた信頼を損なうわけにはいかないというプライドがあるので、サービスや顧客対応も非常に優れていました

業界においてトップクラスにまで会社が成長した背景には、当然ながら並々ならぬ努力の継続があったに違いありません。

実際の査定金額もチャレンジ精神を感じる金額で、十分に満足のいく結果となりました。

友人の言っていた「大手の業者に頼んでおけば間違いない」という言葉は本当だったと実感しました。

他の業種ですと、大手の場合は経費がかかる分、金額的には不利になることが多いものです。

たとえば引越し業者などの場合は、中小の業者よりも大手の方が料金的に割高になるケースが多いものです。

そういう意味においては、車の買取り業界は大手が金銭的に中小よりも有利であるという非常に珍しい業界であるということが言えると思います。

 

Posted by: korokoro on