複数の買取り店に査定をしてもらうときにはフェアな気持ちで

Couple receiving keys from business executive

数週間前、自分の愛車を手離しました。

なかなか気に入っていた車でしたが、中心市街地への引っ越しにともなって、ほとんど車を利用することはなくなると思い売却することに決めました。

愛着のある車とはいえ、ほとんど使わない車のための駐車料金の負担を考えると、仕方のないことでした。

そんな中、かなり力を入れて探したのが愛車の売却先です。

自分の納得できるところに売りたいと思ったので、ずいぶんとあちこちの買取り店に査定をしてもらいました。

車の査定は初めてでしたが、お店によってかなり査定金額に差があるということに気がつきました。

具体的には、一番高いところと一番低いところで8万円ほど差になりました。

結果的に一番高く買い取ってくれるところへ売却することになりましたが、やはり一番大切なのは、何か所かに声をかけて査定金額を比較してみるということですね。

その際に気をつけたいのは、とにかく同じ条件で嘘偽りなく話しをすることだと思います。

下手な駆け引きなどせずに、フェアな気持ちで査定してもらうことです。

1軒目のお店なのに「よその店ではもっと高い金額を提示してくれた」などの見え透いた嘘はつかないことです。

彼らは、おおよそのベースとなるデータをもとに、自社の条件を加味して査定をしますので、こちらが適当な嘘をいってもすぐにバレてしまいます。

プロを甘く見てはいけません。

あくまでも正直ベースで、同じ条件で査定をしてもらい、その中で好条件の査定をしてくれたところと最終的に話をすればいいわけです。

たとえ安い査定額しか提示できなかった買取り店があったとしても、決して安く買いたたいてぼろ儲けしてやろうなどと考えているわけではありません。

安い金額しか提示できないのには、その店の事情があるわけです。

たとえば、たまたま自分の会社にその車種の在庫がたくさんあって、新たに高く買い取っても売れ残ってしまう可能性がある場合には、安い買取り金額しか提示できないでしょう。

なので、たとえ安い買取り額しか提示できないお店があっても、誠意がないなどと感情的にならないことが大切です。

あくまで、正直ベースで冷静に交渉することが、最終的には吉とでます。

参考:車の下取りと買取|メリットたくさんの車下取り&査定情報

 

Posted by: korokoro on