車の査定を1社だけにお願いしてはいけない本当の理由

kuruma-mitsumori-08

自分の車を売却するにあたり、最近話題になっている一括査定サイトを利用してみました。

簡単な愛車情報と個人情報を入力するだけで、最大10社の査定額を比較できるという点がなんとも魅力的です。

ただ、ネットからだけの情報で分かるのは、あくまでも概算の買取価格です。

正式な査定額は実車を見てみないと判断できないとのことで、後日自宅に来てもらって査定をしてもらう流れになりました。

これがいわゆる出張査定といわれているもので、実際に家まできてもらっても費用は一切かかりません

ネットでの概算査定は10社で行いましたが、さすがに10社すべてに出張査定を依頼するのは現実的ではありません。

業者が自宅にくるわけですから、仕事のある日はこちらも対応ができません。

休日にスケジュールを合わせるにしても、1日で10社と対応をするには、時間的に困難です。

そのため、最終的に候補は3社にまで絞りました。

実際の査定金額や電話での対応の良さなどが、3社を選ぶ決め手になりました。

査定に来てくれる日は、本当にあっさり決まりました。

業者側としても、他社に先を越されては困るとの思いがあるのでしょう。

「明日でもいいですか?」という会社が2社あり、ちょうど明日から土日で休みになるので、そのまま依頼することにしました。

結局、土曜日が2社、日曜日が1社という形で出張査定してもらうことに決まりました。

実際に査定を受けてみて率直に感じたことは、相場はあるようでないようなものだということです。

1社目の査定額は50万円、2社目は75万円、3社目は45万円でした。

同じ車の査定でありながら、査定額に30万円もの差が出てしまったのです。

こうした実情を知らない方であれば、複数見積もりなど面倒だと考えて、1社で見積もりしてそのまま売却してしまうことでしょう。

しかも、その1社が45万円を提示した会社だったりしたらと思うと、ゾッとします。

世の中は、そのことを知っているか知らないかというだけで、大きな損をしてしまうこともあるわけですね。

Posted by: korokoro on