日本で人気のない大柄で燃費の悪い車を高く売るには?

kuruma kappuru 08

車の買取店によっては国内での人気とは関係なしに、海外で人気がある車種に思わぬ高値をつけることがあるようです。

日本国内と海外では車に対する好みは大きくことなります。

たとえば北米では車体が大きく荷物をたくさんつめる車の人気が非常に高く、 大型のバンやSUV、ピックアップトラックなどの販売数が伸びる傾向にあります。

一方で国内では燃費のいいクルマであったり、それほど車体が大きくないコンパクトカーなどが比較的よく売れる傾向にあります。

こうした傾向は、当然ながら中古市場にも影響を及ぼすことになります。

たとえ海外で人気のある車種であっても、道路や駐車場が狭い日本国内においては、大柄な車は売れにくい傾向があります。

また、海外にくらべてガソリンの値段の高い日本においては、燃費の悪い車種は敬遠されがちです。

人気がなく買い手もあまりつかない車種は、当然ながら中古車市場においても安値で取引されることになります。

買取店にしてみれば、国内のニーズが高い車種を優先して買い入れて、商品を次々と回転させていくことが大切になります。

あまり買い手がつかないような車を仕入れてしまって、不良在庫を発生させてしまうと経営に大きく影響してしまいます。

そんな日本国内においてまったく人気のない大柄で燃費の悪い車ですが、実は高く買取りしてくれるお店があるのです。

国内市場で車をさばくのではなく、国外に輸出することをメインにしている業者です。

そうした業者の場合には、国内のニーズはまったく気にせずに、海外で人気の車種ばかりを仕入れています。

国外向けの車ばかりを買い取る、輸出がメインの店舗というのはそう数が多くあるわけではありません。

しかし、一括査定サイトなどを活用して複数の業者に査定をしてもらうと、運よくそういった業者に当たることもあります。

国内では人気のない車だからといってあきらめずに、たくさんの買取り店に打診をしてみることが大切です。

かならずあなたのクルマを高く買取りしてくれる業者が見つかるはずです。

Posted by: korokoro on