リース契約中の車を手放したいときにはどうするか?

kuruma-kii-08

 

車のリースは、車を購入するのではなく長期契約により一定の期間借りるという契約をするものです。

これまでは企業において盛んに利用されてきました。

企業の場合は会計上のメリットが非常に大きく、 固定費ではなく流動費で計上することができるために、バランスシート上の固定資産の圧縮を行うことができるわけです。

一方で個人向けのリースの場合は、自動車を購入する際の経済的負担やその後の維持費用までも月々の支払いに含めることができるので、 経済的なメリットがあるために徐々に広がりを見せています。

自動車は購入するときにお金がかかるだけではなく、それを維持するためにもかなりの費用がかかります。

自賠責保険・自動車税・自動車重量税・車検・整備点検費用など、クルマを維持していくためにはこれらをずっと払い続けなければなりません。

リース契約の場合には、これらの諸費用もすべて利用料金に含まれているので、その都度支払う必要がないということになります。

ところで、リース契約中であっても、その車を売ることは出来るのでしょうか?

リース契約というのは、あくまで所有権は別のところにあって、その所有者から車を借りているという形になります。

所有権がないということは、自分の車ではないということになるので、当然ながら勝手に売却することはできないということになります。

所有権が自分にない車を売却すると、横領罪に問われることになります。

何らかの事情でリース契約中に車を手放したいのであれば、 あらかじめ決められている予想売却価格を支払うことで、一旦車を買い取ったあとに売却をするとうことが可能になる場合があります。

もちろん、車の状態や乗った年数などにより、リース会社から買い取った金額よりも売却する金額のほうが少なくなる可能性もあります。

そこまでして新しい車に乗りたいということであれば、そういうやり方で手放してもいいとは思いますが、あまり得策とはいえないでしょう。

このあたりの事情は個々の契約内容により変わる場合もありますので、詳細は借り受けたリース会社に相談してみるといいと思います。

Posted by: korokoro on