軽トラックの買取り価格が思った以上に高い理由

軽トラック

 

意外に思うかもしれませんが、軽トラックは高く売れます

実際に中古車販売店に展示されている軽トラックの値段をみると、びっくりされることでしょう。

農作業用に使われる軽トラックがなぜこれほど高く売られているのか、理解できない人もいるかも知れません。

しかし、農作業で使われることが多い軽トラックだからこそ、高額で取引をされているのです。

実は、軽トラックが中古車市場において人気が高いのには、はっきりとした理由があるのです。

一般に、物の値段というものは需要と供給の関係で決まりますが、軽トラックの場合には中古車市場において非常に供給不足となっているのです。

なぜなら、軽トラックというのは、乗用車と違って新型が出たからといって頻繁に買い替えをするタイプの車ではないからです。

つまり、新車で軽トラックを購入した人は、ずっと廃車になるまで乗り続けることが多いわけです。

そのため、中古車市場に流通する軽トラックの絶対数が少なくなってしまいます

中古の軽トラックが買いたい人はたくさんいるのに、売る人が少ないためにどうしても値段が高くなってしまうというのが実情なのです。

軽トラックが中古車市場において高額で取引されている理由として、比較的車の状態がいいということがあげられます。

軽トラックで長距離を走行する人はあまりいません。

農作業のために近所まで走らせるといった用途で使う人が圧倒的に多いわけです。

その結果、年式の割に走行距離の少ないクルマが多いのが軽トラックの特徴です。

車の査定において、走行距離は非常に重要な要因になります。

走行距離が少なければ少ないほど、査定額は高くなることになります。

このように軽トラックというのは、中古として市場に出回ることが非常に少ないという点と、走行距離の少ない車が多いという理由により、他の乗用車などとくらべて高額で取引されているわけです。

Posted by: korokoro on