改造車を売るなら専門店がおススメな理由

kuruma-kaizou-08-10

車の改造が趣味な人は、かなりのお金をつぎ込んで自分のオリジナルなカスタムカーを作り上げます。

車のパーツとういうものは非常に高価なものが多く、ちょっとした改造でも数十万円もかかってしまうことが少なくありません。

人によっては、車の本体以上の金額をパーツ代につぎ込んでしまうこともあるようです。

そんな、大金をかけて完成させたカスタムカーですが、残念ながらディーラーに下取りに出したり買取り店に売却する際には、それらのパーツ代はまったく考慮されません

それどころか、改造車ということで逆に査定がマイナスになってしまうことさえあるのです。

特にディーラーなどは、ノーマル状態に戻してから売った方が高く売れる可能性が高くなります。

なぜ改造車が評価されないのかについては、さまざまな理由がありますが、一番の理由は「ドレスアップのセンスは人それぞれで違う」ということです。

改造した本人が「かっこよくてセンスがいい」と思っている車であっても、他人がみたら「ダサくてセンスの悪い車」に見えてしまうかもしれません。

ディーラーや買取店にしてみれば、好き嫌いがはっきりと分かれる改造車は、ノーマルな状態のクルマにくらべて売りにくい車とうことになるのです。

どんなに高価なパーツが取り付けられていたとしても、売れるかどうかわかなないクルマを高く買取ることは出来ないということになります。

また、改造車がディーラーや買取店に評価されないもう一つの理由として、査定の担当者がパーツの価値を判断できないということがあげられます。

車そのものの相場は、オートオークションなどでの落札価格をもとに判断ができますが、改造車のパーツはかなりマニアックなものが多く、査定のプロといえどもその価値を判断することは困難です。

どうしても、改造車を高く売りたいということであれば、ディーラーや一般の買取り専門店に持ち込まず、改造車専門の店に持ち込みをするといいでしょう。

改造車の専門店であれば、パーツの本当の価値も判断できますし、車を買いに来るお客さんも改造車が好きな人ばかりですから、一般の販売店のように改造車が売れにくいということはありません。

その結果、ディーラーや一般の買取り店にくらべて買取りしてもらえる可能性が高くなるわけです。

Posted by: korokoro on