車を売るときにオプションパーツはプラス査定になるのか?

車 サンフーフ

新車を購入するときには、さまざまなオプションパーツを追加で注文して取り付けする人も多いと思います。

特にメーカーオプションの場合は、市販のパーツにくらべて値段が高いことが多いので、あれもこれもと欲張ると、車の購入価格はかなり跳ね上がってしまうことになります。

そういった高価なメーカーオプションを装備したクルマを、中古車として売却するときにはプラス査定になるのでしょうか?

一概にはいえませんが、プラスになるものもありますし、ならないものもあります。

意外に思うかも知れませんが、カーナビはそれほどプラスにはなりません

なぜなら、いまや車にカーナビがついているのはあたり前であり、逆にナビのついていないクルマはマイナス査定になる可能性すらあります。

メーカー純正のカーナビをオプションで取り付けると数十万円の費用が発生しますから、それが査定においてほとんど評価されてないとなると、なんとも残念な気持ちになる人も多いと思います。

査定でプラスになるオプションパーツとしては、アルミホイールやエアロパーツ、サンルールなどがあげられます。

アルミホイールの場合は、社外品だとほとんど評価されないことも多いのですが、メーカー純正ということであれば査定にはプラスになることが多いようです。

エアロパーツも同様に、メーカー純正のものであれば査定アップが期待できますが、社外品の場合にはほとんど評価されません。

逆に、センスの悪いエアロパーツなどが取り付けられていると、むしろマイナス評価になる可能性があるので注意が必要です。

メーカーオプションの中で、一番高く評価されるのは、サンルーフです。

アルミホイールやエアロパーツは後からでも取り付けできますが、サンルーフの場合には工場の生産ラインで取り付けをする必要があるため、後付けはできないのです。

そういう意味では、サンルーフ付きのクルマは非常に価値の高い存在といえます。

価値が高いということになれば、当然ながら査定額もアップになりやすいわけです。

また、電動スライドドアなども、工場の生産ラインでしかつけられませんので、査定アップにつながりやすいのですが、上級グレードで最初から電動スライドドアが標準装備されている場合にはプラスになりません。

あくまでも、本来ついていない車種にオプションで取り付けた場合のみプラスになるということです。

Posted by: korokoro on